資格ランキング | 資格難易度、役立つ資格など、まとめ

国際資格まとめ – グローバル環境で生き抜く有望資格

スポンサード リンク



国際資格のまとめです。(出典:外資系・IT・金融・エグゼクティブなど仕事情報満載の転職求人情報サイトの「daijob.com」を基に加筆修正)

global_shikaku

経営学修士(MBA) :
Master of Business Administration
は日本の「経営学修士」にあたり、欧米のビジネススクールと呼ばれる経営大学院を修了した人に与えられる修士号のことです。目的は、経営者や経営をサポートするビジネスプロフェッショナルを短期間に育成することにあり、主に社会人を対象に、経営に必要な知識や能力を修得します。 経営コンサルタント、マーケティング系職種、金融関係など様々な分野で生かすことができます。

■ 米国公認会計士 (CPA) :
Certified Public Accountantは、経理、財務、税務に関する職業的専門家としての公的資格で、外資系企業やグローバル展開する企業の海外進出や合併、再編など、米国の会計基準を使用する場合に需要があります。国際会計基準や会社法、内部統制など大きな変化が多い企業会計において重要な役割を担っています。

■ 米国税理士 (EA) :
Enrolled Agentは米国の連邦政府から交付される米国の税理士免許で、日本企業の海外投資及び海外進出に関わる税務業務や米国企業の対日投資及び日本進出に伴う二国間の税務業務において活躍することができます。日本でのEA資格者はまだ少人数ですが、日米間の企業及び個人のやり取りのなかで、税務コンサルティングなど活躍の場が多くあります。

IT国際資格 まとめ

■ 米国公認管理会計士 (CMA) :
Certified Management Accountantは米国IMA(管理会計士協会)認定される資格で、企業の意思決定プロセスに不可欠なビジネス専門知識を習得していること、企業のニーズに応えられる国際的な管理会計及び経営管理能力を持っていることを証明し、CPAと並んで注目の高い国際資格です。

■ 公認内部監査人 :
Certified Internal Auditorsは内部監査人の能力の証明と向上を目的とした世界水準の認定制度で、企業の内部監査業務にかかわる知識・技能を証明する米国起源の国際資格です。公正、且つ独立した立場から、経営の活動状況を評価し、企業の経営目標の効果的な達成に役立つことを目的とし、それに基づいて助言や警告などを企業に与える場で生かせます。

■ 米国公認経営管理士 :
Certified Financial ManagerはIMA(米国管理会計士協会)が認定している国際的な資格で、経営、マネジメントから資金調達まで関り、経営の効率を追求していく能力、国際的な管理会計、及び経営管理能力を証明する資格です。企業財務、国際的な経営管理のスペシャリストとして米国内で認知度を上げてている資格です。

資格難易度ランキング

■ AIMR認定証券アナリスト(CFA) :
Chartered Financial Analystは経済、産業、企業の動きを分析し株式や債権の投資価値を評価する国際的なアナリスト資格です。受験資格は、4年制大学卒業、あるいは金融機関などで同等の実務を経験していることが条件です。さらにCFAとして登録するには、投資の意思決定過程における専門的な実務経験を3年以上有していることが必要となります。CFA、先物取引会社、金融会社などで資格を生かせます。

■ 国際貿易ビジネス検定 :
NPO生涯学習国際貿易ビジネス検定委員会が実施する実践的な貿易知識に関する検定です。国際貿易に関する専門的な手続き、法律知識、貿易相手国との取り決め等の貿易知識の習得を目的とし、貿易関係の舞台で資格を生かせます。

■ 国際会計検定 (BATIC):
Bookkeeping and Accounting Test for International Communicationは東京商工会議所が認定する公的資格で、簿記会計の知識を国際コミュニケーション能力と併せて認定する検定です。日本と海外の会計ルール両方に精通し、違いを理解して決算報告書などを海外でも理解されるように組み替えられる能力が育成される実務に有効な検定です。

■ 英文会計検定試験 :
日本で唯一の英文会計技能検定試験です。会計や経営管理の仕事を通してキャリアアップを図るには最適の資格で、国際会計基準の仕組みを実務に生かすスキルを有するかどうかを試されます。各企業においても、現在国際化に向けて国際会計基準の導入・検討しており、国際会計基準のしくみを実務に生かせる有効性・将来性のある資格です。

■ 通関士 :
輸出入の通関手続きを適正に行うために必要な財務省管轄の国家資格です。輸出入品の申告、品物の安全審査などの通関手続き代行業務のほか、税関処理に問題があった場合の書類の作成を行います。通関業社に属し通関業務を行う営業所が活躍の場となります。金融機関においても、流通、関税法の知識のある通関士は求められます。

■ アソシエート・エキスパート :
外務省が、将来正規の国際公務員を志望する35歳以下の日本人を国際機関等に一定期間派遣する制度の一つです。毎年、試験合格者を、国際機関の世界各地に派遣します。派遣先国際機関としては、国連開発計画(UNDP)、国連児童基金(UNICEF)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、世界食糧計画(WFP)、国連環境計画(UNEP)、国連人口基金(UNFPA)、国連食糧農業機関(FAO)、国連教育科学文化機関(UNESCO)などです。

■ PMP :

Project Management Professional は、米国PMI(Project Management Institute)が運営するプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。資格は「Category1」と「Category2」に分かれており、求められるプロジェクトマネジメント経験年数がそれぞれ異なります。

 

資格ランキングでは、ランキングから少し離れて、こういった記事もご紹介しています。

出典:daijob.com

【関連記事】

・IT国際資格 まとめ

・資格 難易度ランキング

・IT資格 記事まとめ

・スキルアップに役立つ資格

・FP技能検定 – ファイナンシャル・プランニング技能検定 まとめ

・ビジネスキャリア検定「経営戦略 2級」合格体験記

・ビジネスキャリア検定のまとめ記事

・ビジネスキャリア検定 過去問題

・ビジネスキャリア検定 勉強法

・IT 資格 ランキング & 特集 2012年版「いる資格、いらない資格」」- ITベンダーの技術者/営業担当者、ユーザー企業のシステム担当者が「取得すべき」資格ベスト3


にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ
にほんブログ村

ページトップへ